代数的数を作る 多項式の根と因数分解のアルゴリズム

概要

代数的数(整数係数多項式の根として表される数)を実装するためのアルゴリズムを解説します。 代数的数を使うと、ルートを含むような数に関して、浮動小数点数の誤差に煩わされることなく正確な演算が行えます。 Haskellによるサンプルコードを掲載しています。

この本は、Web連載していた「週刊 代数的実数を作る」の書籍化です。 本文の加筆修正の他、「付録A ユークリッドの互除法と拡張された互除法」「付録B 部分分数分解」を追加しています。

目次

サンプルコード

「はじめに」にも書きましたが、サンプルコードは GitHubのリポジトリー から入手できます。

GitとHaskell Stackを入れた状態で、

$ git clone https://github.com/minoki/algebraic-num-example.git
$ cd algebraic-num-example
$ stack repl

により試せます。


「だめぽラボ」のページトップへ